頭脳循環

まず、小生がまとめた、次の報告書(H23年3月)を掲載します。

「大学国際戦略分科会(第1分科会)」報告
1. はじめに
2. 調査1:Brain Mobility
2.1 世界における留学生数の増大傾向
2.2 OECD主要国に留学した学生数の推移
2.3 OECD主要国で受け入れた留学生数の推移
3. 調査2:Brain Circulation
3.1 頭脳循環とは
3.2 連携の核となるシリコンバレーとは
3.3 連携できる地域とは
3.4 日本に関して
4. 8大学工学系部局の国際戦略
4.1 環境の変化
4.2 新成長戦略など
4.3 国際戦略の一つの枠組
4.4 検討すべき課題
5. おわりに
参考文献

このレポートに基づいて、九州大学工学部(府)は、(独)日本学生支援機構の支援を受けて、次を実施することになりました。
「頭脳循環のためのオープンイノベーション人材育成プログラム」

このプログラムに基づいて、九州大学は、次の講演会を実施しました。
「アニス・ウッザマン氏講演会」

日本工学教育協会・九州工学教育協会共催の年次大会シンポジムの企画と行いました。
年次大会シンポH270904(最終配布資料)